sea side she side

写真と山、資格が好きなアラフォーエンジニアのブログ

緊急地震速報

      2011/03/25

距離が離れてはいましたが、阪神淡路大震災を体験しています。そんな中緊急地震速報が始まり、個人向けがあればなと思っていたところweathernews社で緊急地震速報を個人向けにも有料でサービス(ウェザーニュース会員・月額315円)を始めました。

個人向け緊急地震速報 The Last 10-Second

ご自宅にあるインターネット回線・パソコン端末等の身近な環境を利用します。専用アプリケーションをダウンロードし、『現在位置』『通知してほしい震度』『マグニチュード』などを入力し、初期設定を行います。緊急地震速報が発令されると、パソコンのデスクトップ上に警告音とともに警告画面が出てお知らせします。

緊急地震速報

こんな風に地震があるとあと震源地と最大震度予想、所在地での推定震度予想と揺れの到着までのカウントダウンを知らせてくれます。

下側の黒いのは「緊急地震速報アラーム」でweathernewsの公式アプリではなく、「The Last 10-Second」の緊急地震速報受信に同期して通知画面を表示し、音声合成・サウンド・メール等で通知を行うアプリです。

常に速報を受け取りたい、となると24時間パソコンを動かし続けなければなりません。中古のノートPCとスピーカをつなぐのが安くすむと思います。私は自宅のパソコンを24時間稼働させているので気にすることはなかったです。

阪神淡路大震災の時も東北地方太平洋沖地震でも余震は長く続いています。近すぎる場合にはあまり役に立たないかもしれません。ただ音が鳴って10秒しかなくともキッチンにいれば火は消せるでしょう。机の下に隠れることもできます。30秒あれば扉を解放しておくことまでできるかもしれません。

あくまで予測であり今回の地震でもトラブルがあったりしますので、あまり過信しすぎるのもよくありません。それでも無いよりはあって心配しすぎるぐらいでちょうどよいと思います。

よければ導入してみてください。

 - IT