sea side she side

写真と山、資格が好きなアラフォーエンジニアのブログ

paco

      2011/03/20

男ならsrcをmakeだ、なんてもう古いのかもしれませんがソースからmakeすることがあります。でもyumのようにインストールしたものの管理ができないのが難点。

たまたまネットワーク系ニュースサイトのどこかの記事に掲載されていたのがpaco。

Paco is a source code package organizer for Unix/Linux systems, originally written to aid package management when installing an LFS system.

とあるとおりにソースからのインストールを管理できるツール。

以下インストールと躓いた点をまとめておきます。

$ wget http://downloads.sourceforge.net/paco/paco-2.0.6.tar.gz
$ tar zxvf paco-2.0.6.tar.gz
$ cd paco-2.0.6/
$ ./configure
checking for GTKMM... configure: error: Package requirements (gtkmm-2.4 >= 2.12) were not met:
No package 'gtkmm-2.4' found

とgtkmm-2.4がないと怒られました。

パッケージ名なんだろう、とGoogle様にお伺いしているとSelfkleptomaniacさんの記事を発見。gtkmmはGUIインタフェース用とのことなのでオプションでdisableする。

$ ./configure --disable-gpaco
$ make
$ sudo make install

paco自身をpaco管理下に入れてあげる。

$ sudo make logme

ソースをmake install時には

$ sudo paco -D make install

でOK。-Dはカレントディレクトリ名をパッケージ名とするオプション。

他のオプションについてRX-7乗りの適当な日々さんに記事がありました。

簡潔な引用メモ。

  • ログは/var/log/paco配下に保存される
  • "-a"オプション:管理パッケージ一覧を表示
  • "-1"オプション:1行に1パッケージを表示
  • "-F"オプション:パッケージごとのファイル数を表示
  • "-d"オプション:インストールされた日付を表示
  • "-s"オプション:パッケージが占有しているサイズを表示

今日も先人に感謝。

 - IT