携帯電話

今日皮膚科に行ったのだけれども、そこにいた親子。小学生ぐらいの男の子が携帯で遊んでいた。注意しないのかと親を見ると親も携帯をいじっていた。自分は家に帰ってから病院に来たので携帯をわざわざ置いてきたのに。親が親なら子も子、情けない。

そういえば少し前、駆け込み乗車した学生の団体がいて数人は扉閉まる直前で乗り込みんだせいで車掌が扉を再度開けたのだけれど、残りの数名も駆け込んだ瞬間に一人の携帯がホームと車両の間に落ちた。そもそも駆け込むのが悪いし、時間通り発車できない、最悪事故にもつながるから駆け込み乗車は嫌い。そう言ったら後輩に「心が狭い」と言われた。

周りの大人が注意もしなくなった今、そう思うことも心が狭いのだろうか。確かに駆け込み乗車する人にも都合があって、もしかしたら親の死に目になんてこともあるかもしれない。でもさらにもしそれですでに余裕で乗っていた親の死に目に会えないかもっていう他の人がその人の駆け込みで発車が遅れる、事故になったらどうするのだろう。極端な例だけど、そういうことだと思う。

それでも再度開けてあげる車掌さんに会うと、いいなぁとも思うのだけれど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました