箕面とshare the road

本当はシルベストの早朝自主練に行こうかなと思っていましたが、先日VistaのSystemが入ったHDDが吹っ飛んだため急遽Windows 7RCで仮住まいを早朝までかけて構築してしまい自主練どころか昼まで寝てしまいました。

Dataは基本的にRAID組んだ方に放り込んでいるので問題なし。ただFirefoxなど一部アプリの設定などが飛んでしまったのが少しだけ痛い。それでもまぁいいかといえるぐらいのものなのですが。

RCなので2010年2月末までは使えますがそれ以降は使えない。どこかのタイミングで製品版買わないとなぁ。でもVistaより快適です。一点だけWindows + SpaceのショートカットがAeroに取られるのが気にくわないのですが、機能offしてもショートカットキーは奪われたまま。ATOK onに割り当ていたのでとっても不便。

話題がかなりそれましたが、お昼を食べた後箕面まで行ってきました。

悩んだのは経路。新淀川と十三、豊中市を抜ける経路の選択が難しい。

箕面は北北東なので2国(にこく)を抜けるのは少し遠回り。かといって十三バイパスはもちろん軽車両禁止。となると十三筋しかないが梅田や中津からの合流で通行量が多い。

そのまま北上していくと豊中市役所付近で主に3つの経路。Google Mapでの自動作成された経路だと豊中駅まで行ってそのまま道なりの176(いなろく)で上がる。ただこれはかなり遠回り。

もう一つは府道43号。ただこれが東側と西側があり、往路は西側、復路は東側を通った。が、次行くとしたら西側の選択はない。かなり狭い上に渋滞し、バスの経路でもある。復路の東側はそれほど気にならなかったが狭いことには変わりなかった。おそらく176がベターだと思う。

箕面に到着してそのまま山に登ろうかと少しだけ進んでみたものの補給物資を全く持ってなかったのとドリンクもなかったのでほんの少し登ったところで折り返し。

豊中の帰りはほとんどが下りのため楽ちん。一気に下って練習がてらなにわSRへ。西へと迂回しながら神崎大橋から2国をたどって大正へ。大正に入ってから流しのために少しぐるっと周り終了。

豊中の道の感想は1~2車線ぐらいしかないのに路駐が多くとても走りにくい。またドライバーがかなり強引。市内の方がまだ走りやすいぐらいです。

そんなことを思いながら帰ってきてブルベの準備のためいろいろ情報を集めていたら自転車、とくにドロップハンドル車は車道走るな! ぐらいな勢いで記事を書いている人がいました。

どうも2chでは有名らしいのですが、言葉こそ丁寧に書かれていますがひどく偏っています。

遅いのだから自転車は止まって車に追い越させるべき、ってのにはあきれました。変なところで止まったりしたらむしろ危ないです。

車が、自転車が、とどちらかが一方的に悪い話ではないと思うのだけど。車や自転車の一部のマナーの悪い人たちがいる。そもそも日本全体として車と自転車と歩行者の関係が悪すぎるし、ルールや安全に対する意識が低い。その上教育する、される機会が全くない。ここが問題なんじゃないだろうか。

そんなだからむちゃくちゃな運転が横行されているし、上記サイトみたいな身勝手な解釈をして一方的な考え方を持つんだと思う。道路は車だけのものではなく、バイク、自転車、人などみんなでshareするものです。share the roadの考えがもっと広がるといいなぁ。


大きな地図で見る

走行距離:51.84km
走行時間:3時間15分

↓応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
シェア・ザ・ロード[share the road]

コメント

タイトルとURLをコピーしました