sea side she side

写真と山、資格が好きなアラフォーエンジニアのブログ

無意識の力で早起きをするテクニック

      2011/03/15

今年の抱負のひとつ、早起きをどうにか行動に移せないかなと思い調べていた中のLifeHack。

GTDを始めるときに参考にさせてもらったlifehacking.jpさんより引用。

そこで無意識の登場です。眠る前から、私たちの無意識と体に起床の動作を覚え込ませてしまおうというテクニックです。

  1. 真昼でもかまわないので、眠るときと同じ状況を再現してみます。パジャマを着て、歯磨きをし、めがねをはずすなどをして部屋をちょっと暗めにして寝床に横になります。
  2. 時計のアラームを数分後に設定して、眠っているときの体の体勢をつくり、今はゆっくり眠ったあとの朝だと想像します。
  3. アラームが鳴ったら、すぐにそれを止め、体を起こして伸びをして気持ちのいい笑顔をうかべて立ち上がり、朝に行う次の動作、たとえば洗顔をしに行きます。

この、一見気が狂ったんじゃないだろうかという動作をこのあと数回繰り返し、アラームが鳴ったら次に何が起こるかを体に覚え込ませていきます。元記事の方ではこの「目覚めの練習」を一日二度くらい、3-10回繰り返してみるといいと書いてありますが、私はそこまでやらなくても効果がありました。

早速試してみようかと思います。

 - Lifehack