自転車人とツール・ド・フランス2009

自転車に関する書籍で、今まで買ったのはメンテナンスの本と自転車のコースが載ったものだけ。雑誌ってどんなものだろうと思い本屋さんに行きました。

いろいろ種類がありかなり悩みました。

でも情報として知りたいのは最新の自転車やパーツなどの情報ではなくて、気持ちよくツーリングできることやきれいに乗る方法などの初心者向けの情報だなと思い自転車人とツール・ド・フランス2009を買いました。

ツール・ド・フランス2009は単純にチャリダーを目指しているのにツール・ド・フランスについてあまりにも知識がないなーと思って買いました。まだ短い通勤時かつ新聞を読んだあとにしか時間が取れていないので途中ですが前半はツール・ド・フランス2009の日本人選手中心の振り返り。選手たちのロード紹介などが間にあり、後半にツール・ド・フランスについての基礎知識や豆知識などが掲載されているようです。

そういえばこの雑誌のP.39、最後の「ツール史上初の、日」とあるけど次の段落が見つからず。途中で切れているような……。

自転車人のほうもざっとだけ先に目を通して気になったのはツール・ド・若狭湾。大垣~湖北~小浜~舞鶴~豊岡と約270kmのツーリングコースの紹介で、秋に走ると気持ちよさそうです。大阪から(まで)の電車移動を考えると3日間の行程
となりそう。走りたいコースにメモメモ。

今日も大阪城まで走ってきました。前回ちょっと迷ったところや間違えたところを頭で描きながら走ったのですがやはり一部想像とは違いました。次こそはきちんと走りたいです。
あ、今回は写真を撮りました。でもiPhoneなのでこれが限界です。

夜の大阪城

そういえば毎回自転車乗りっぽい人たちとすれ違うのだけど、追い抜いていく人の多くが信号無視をして横を走っていく。信号を守ったり、左車線を走ること、大きな道路の2段階右折は守ろうよ。喫煙者のマナーが悪くて自分たちの居場所をどんどん減らしているのと同じで自転車乗りたちの立場がつらくなってしまう。大阪だからというのもあるのだろうけれど……。

走行軌跡

走行時間 50分
走行距離 14.1km

↓応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
シェア・ザ・ロード[share the road]

コメント

タイトルとURLをコピーしました