sea side she side

写真と山、資格が好きなアラフォーエンジニアのブログ

腰椎椎間板ヘルニア(L5/S1) 椎間板切除術(Love法) 手術後2~5日目編

   

理学療法士のイラスト

理学療法士のイラスト (c)いらすとや

手術後2日目

起床時間ではあるけれど、毎日ある程度のぶれはある早朝6時。点滴のためきっかりで起こされました。少し早かったこともありパソコンしながら時間をつぶしました。朝食が終わってすぐにシャンプーに。手術前以来のためとても気持ちよかったです。

リハビリについていろいろ聞きたかったのですが、このシャンプーの間に回診があったようで先生とすれ違い。看護師さんに確認するもなんだか曖昧なまま時間だけが過ぎていきます。何もしないのも暇なので自主歩行訓練と称して別の科と屋上へ。別の科で見知った看護師さんが一人だけいたのでご挨拶。良くしてもらった師長さんはお休み。残念。

夕方ようやくリハビリについての情報が入ってきました。オーダーは通っているということと、担当が決まったこと、今日この後リハビリもあるとのことでした。が、この後結局担当の理学療法士さんは来ませんでした……。

ナースコールに遅れたりすることは仕方が無いことだけれども、連絡することは正しく伝えて欲しいです。忙しくて決まらないのであればその旨を伝えてくれればいいのに、結局放置して相手(患者)を一番怒らせるやり方となってしまっています。看護師さんたちにはとっても感謝しているけど、こういうところは非常に残念です。

手術後3日目

歩けるようになってほっとしたのか外的環境に反応しはじめ、今まで気にならなかったいびきのうるささで全く寝られません。勉強用に持ち歩いていた耳栓で何とか眠ることができました。おかげで朝看護婦さんから起こされるまで起きず、完全に寝過ごしてしまいました。

朝食後、来ないだろうと踏んでいたリハビリの連絡がありました。本来休みらしく昨日は会議で遅くなってこれなかったようでした。仕方が無いとは思うけど連絡一つで不愉快にならなくてすむのにな、と改めて思います。本来お休みということもあり、簡単な説明と簡単な歩行訓練のみです。訓練の疲れというよりは昨晩いびきで寝られなかったこともあり再度爆睡してしまいました。そして昼食を食べて再び睡眠。

3時頃、同僚といきつけの店長がお見舞いにきてくれました。テラスもある上層階で2時間ほどおしゃべり。親しい人が来てくれるのは嬉しいものですね。

手術後4日目

お隣のいびきのおじいちゃんの叫び声で夜中1時間置きに1回起こされることに。これはさすがにきつかったです。眠い中6時には起床させられ採血。朝食を食べてリハビリ。今日は訓練と言うよりは日常生活で必要な前屈みとしゃがみの仕方を教わりました。教わらなくても当たり前にできるでしょ、と思いますが術後はそうはいきません。まだまだ不安定な体でいかに安全に前屈みやしゃがみができるのかを練習します。ここの段階ではまだまだへっぴり腰もいいところです。

昼食後シャワーを浴びました。脱ぐ、着るを手伝ってもらいましたが、久しぶりに一人でシャワー。なんていうんでしょう。健康であれば当たり前のことなんですが、最高に気持ちがいいです。夕方上長がお見舞いに来てくれたので回復具合の説明と仕事の状況を確認しました。

手術後5日目

昨日は油断してしていなかった耳栓。ちゃんとして寝たおかげで今日も爆睡です。

また連絡ミスっぽいことで看護師さんに対して不満がたまりました。リハビリの時間が理学療法士さんが言っていた時間と看護師さんが言う時間で違うのです。短期間でこうも連続するとイライラしてしまいます……。確認してもらったら理学療法士さんが正しかったという。うーん。

そのリハビリですが、腰を理学療法士さんが支え歩行器なしで歩き、少し歩いたところで手が離されるといった内容です。まるで子供が自転車の補助輪を外す時のような練習のようです。これを繰り返して歩くことそのものになれさせていきます。

リハビリ後病室に戻ってから歩行器なしで歩く練習を行いました。まだまだおぼつかないながらも歩行器なしの生活が始まりました。この日は歩行訓練しながらパソコンで時間をつぶして過ごしました。

 - 日記 , ,