sea side she side

写真と山、資格が好きなアラフォーエンジニアのブログ

延命寺~観心寺~龍泉寺~かんぽの宿~瀧谷不動

      2019/01/14

夏の間は暑いので基本的に山に行かないので、ようやくやってきたシーズン入り。

元々はお墓参りのために高野山へ行く予定でしたが雨のため順延したため、日曜日ということで負荷の低い紅葉目的のハイキングに行くことしました。

■ コースタイム
08:54 千早口
09:35 延命寺
10:00 延命寺出発
10:35 観心寺通過
11:00 楠妣庵
11:20 小休憩
11:30 出発
11:54 大休憩(昼食)
11:54 出発
13:36 かんぽの宿(温泉)
14:57 出発
15:25 初芝富田林高校裏
15:35 瀧谷不動
15:45 出発
16:02 瀧谷不動駅

南海電車紹介のハイキングコースに似ていますが、行程は逆でかつかんぽの宿から瀧谷不動を抜けて近鉄電車がゴールになるコースです。南海電車からすれば自社駅に帰ってくるように設定しますよね(笑)。

高低差がなく、標高もないので南海難波駅を8:12発とゆっくりとスタート。

千早口駅で下車後のどかな農村部を美加の台へ向かって歩きます。美加の台に入ると住宅街なので一気に開けた感じがします。

一緒に行った伯父が以前に来たのが5年以上前で風景が一変している様子。そのため住宅街のどこかで左折という記憶があったのですが、新規開拓部分で曲がってしまいました。地図を確認してコース修正。

わかりにくいですが美加の台3のところに標識があります。それに従い左折し住宅の中を歩いて行きます。一番奥の家の隣を抜けて、そのまま進んでいくと最初の目的地延命寺に到着です。

写真らしい写真は結局ここでしか撮っていません。広い敷地に紅葉がたくさん。そして池に映った紅葉と青空のコントラスト。息を呑むような美しい風景でした。

延命寺を後にし、その麓でおやつに栗を買いました。これがなかなか甘くておいしかったです。ただ焼きではなく茹でなので剥くのが少々手間でしたが…。

ここからずっと山間を歩いて行きます。特老までくるとその先に観心寺があります。拝観料がかかるのと桜の名所であっても延命寺以上の紅葉はないので今回は横を通るだけ。連休最後の休みでしたがすごい人の数でした。

寺元から交通量が比較的多い道路脇を歩くことになりますので注意が必要です。

そのまま道なりに北上していくと楠妣庵に到着します。おそらく昔は正面だったであろう石段を登るととってもきれいな庭があります。入山(拝観)料が必要です。

現正面側から抜けて竜泉寺方面へ向かいます。この付近から見える小高い山の中腹に目的地のかんぽの宿が見えています。

極力大きめな道路ではなく脇の細い道を使いながら進み、龍泉会館の交差点からちょっとした住宅街に入ります。住宅街に入る際、昼食を取る場所がある公園に行くために本当は右方面へ行かなければならないところを左方面に入ってしまったため少しうろうろしてしまいました。

目的の公園で昼食。いつものごとくラーメンとおにぎり。今日のラーメンには白菜と豚肉だけでなく卵入りという贅沢! 食後にコーヒーを飲みながら、暖かな日差しと穏やかな風に吹かれ過ごす時間。めちゃくちゃ贅沢ですね。

そして今回は竜泉寺にも寄らずにそのままかんぽの宿へ。このかんぽの宿がすごいです。設備は古いし、お風呂の種類もありません。ただ露天風呂がすごいのです。

露天風呂に行くと目の前には金剛山と葛城山が一望できます!!

露天風呂に行くと目の前には金剛山と葛城山が一望できます!!

大事なことなので二回書きました。

この時期だと寒すぎず入っては縁に腰を下ろして冷ましてってな具合にずっと入っていられます。

風呂上がりに缶ビールを一本。至福のひととき。このまま連絡バスで駅に向かってもよかったのですが、せっかくなので瀧谷不動まで足を伸ばすことにしました。

みかん畑を抜け山の中を抜けると初芝富田林高校が見えます。その脇を抜け北上していくと瀧谷不動に着きます。

毎月28日は前の道路を封鎖して出店がでるようです。タイミングを合わせられる人は是非行ってみてください。

ぐるっと参拝してから、ゴールの瀧谷不動駅に向かいます。ここもそこそこ車の往来がある道路脇を歩きますので注意してください。

なぜかここからGPSがずれているのが少し気がかりです。高い建物なんてほとんどないところなのに…。

ちなみに瀧谷不動駅付近は単線です。本数も少なめで行き違いのため少し待たされるかも知れません。

来週以降に高野山、名前を忘れてしまいましたが金剛山以外で雪山ひとつを計画中。次の夏までの今シーズン、またたくさん登りたいですね。

 - 登山 , , , , ,