sea side she side

写真と山、資格が好きなアラフォーエンジニアのブログ

沖の島 → 須崎 -吉村旅館-

      2011/03/11

お腹もいっぱいになったところで、四万十から須崎に向かいます。

泊まる予定な旅館が個人がやっている感じで、遅くなるようなら連絡くださいと言っていたことを思いでして連絡。ちょっとコンビニに寄ったりしていたため言った時間より少しだけ遅くなりました。

宿泊先は「吉村旅館」。須崎市って宿泊施設が少なくて、駅近だと本当に限られます。

ここを見つけたときの第一印象は、民家だな、でしたw

吉村旅館

夜遅かったため翌朝の写真です。

その印象はほぼその通りだったのですが、とってもいいところでした!

まずお部屋がこんな感じ。時間も時間なので、ほんと寝るだけなのに二間。もったいない!!

お部屋

そしておそらく私一人だったため、どこもかしこも貸し切り。女将さんがお風呂沸かしてありますので、と言われたのですが、共同のお風呂とはいえ、一人のために申し訳ないacha-*

脱衣所

洗面台とお風呂。共同のため少し大きめな湯船を独り占め(*´・ω・`)

でも少し熱すぎたので水を足しました……。

お風呂

ご飯は食べてきたので素泊まりですが、料理もおいしいらしいです。

翌朝お礼を言って料金を払うと500円のおつり。その500円ですが、わざわざ龍馬の記念硬貨を用意してくれていたようで、最後の一枚だそうです。こういう心遣いって本当にうれしいですよね。

ちなみに500円おつりというのは5000円払って、500円おつりです。この質でこの値段は安すぎます!!

そこから須崎まで5分ぐらい歩きながらスナップ。

のどかな風景

のどかな風景。

単線

単線で電化もされていないです。

地元の人はディーゼルなので電車とは呼ばずに汽車と呼んでると思います。
# 和歌山ではそうでした。そしていつまでも国鉄w

秋桜

コスモスだったかな? 途中の民家前で。

須崎駅

須崎の駅です。見事に何もありませんw

ここからJRではなくて、JRバスで大阪まで帰ります。バスはロータリーに止まらず、前の商店街?のバス停に止まって少し焦りましたが汗

あとは高知をぐるぐる回って客をピックアップして神戸・なんば・梅田と大阪へ帰っていきました。

長くて本当にあっという間だった沖の島の旅はこれでおしまいです。

次回以降で沖の島で使ったカメラの紹介と買ったものとかまとめます。その次は京都府立植物園を予定してます!

つづく。

↓応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

 - ダイビング