WNI ソラヨミマスター

日記

WNI(ウェザーニューズ)にはサポーター参加型企画としてウェザーリポートというものがあり、ユーザが各地の天気の情報をWNIへ送り共有するというものがあります。

有効なリポートを投稿した日に10ポイント付与され、2,000ポイント獲得で「持ち運び可能な観測機」が、5,000ポイント獲得で「GOLD会員(永久会員 – 月額課金が無償になる)」の権利がそれぞれ贈呈されます。

土日はあまり更新していなかったのですが、出社途中ほぼ毎日ぽちぽち送ってようやく2,000ポイント達成し観測機をいただきました。

ちなみに2,000ポイント達成ですぐに連絡が来るわけではなく月1回の集計処理によって連絡されるため、人によっては達成してから連絡がくるまで少し時間がかかる場合があるようです。

また私の場合個人向け緊急地震速報 The Last 10-Secondに登録したのが先だったのでPCからの会員登録で、そのあとiPhone/Androidでレポートするようになりました。そのため2,000ポイント達成の連絡はPCのメールに届きました。ガラケーでの登録の人は携帯にメールがきて、リンクを辿ればそのまま機器送付先の住所の入力ができるようです。PCからの人はその機能が使えないため、メールに住所などを書いて返信しないといけません。このメールに返信がないので不安になりますが問題なければ2~3週間程度で観測機は届くと思います。それを超えた場合にはもう一度連絡してみましょう。

ということで開封式。

WNI観測機

クロネコで精密機器を運ぶ用の専用箱パソコンポっぽいもので届きました。

WNI観測機

開けてびっくり、色が黄色から青に変わったんだってこととその小ささです。思ったよりかなり小さい。これなら持ち運びが楽でいいですね。

時計の設定をして、いざ計ってみるとどうもおかしいです。色々試してみるものの、標高がずっと-100m前後をうろうろします。標高補正ができるのでそのモードに入ろうと←→同時押しするとなぜか気圧補正の画面に…。代わりに気圧画面で←→同時押しすると標高補正の画面に…。なんだこれ、バグ? とりあえず標高を自分の高さの12mに設定してみてもまったくだめ。ft表示化とも疑ったけどm表示。

にっちもさっちもいかないので今日WNIに連絡してみようと思います。折角届いたのに…。

2012/03/16 09:35追記
WNIに聞いてみました。結論から言うと私の勘違いでした。

気圧を補正するのに現在の標高を使って補正、標高を補正するのに現在の気圧を使って補正、なので上記に書いたのは正しい動作でした。

なので標高-100mになっていましたが、海抜0mの現在の大阪の気圧(ex.1027.9hPa)を入力すると標高は18mとなり、正しく補正されました。

仕組みは理解しててもちょっと分かりにくいですね、この説明書…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました